HTMLの基本構造例

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<title></title>
</head>
<body>

</body>
</html>

DOCTYPE宣言

ドキュメントタイプ、又はドクタイプと読みます。DOCTYPE宣言が記述された文書のHTMLがどのバージョン(規格)で記述されているかを宣言します。上記の基本構造例はTransitional。→DOCTYPE宣言詳細

html要素

HTML文章の宣言。lang属性は、言語を文書の言語を指定しています(省略可)。<html lang="ja">と記述し、様々なブラウザに対応する為に言語を指示する事があります。jaは日本語。

head要素

ヘッダー。ページの様々な情報を記述します。原則的にはブラウザ上では表示されない部分です。

title要素

サイトや、ページのタイトルを記述します。一部のブラウザ画面上部に表示されたりお気に入りに追加した時の登録文字にもなります。通常は、サイトのタイトルを入れます。ブラウザ左上部の表示や、お気に入り、ブックマークの表示をさせるだけでなく、今後インターネットへ公開する上で、サーチエンジンを意識したタイトルをつける事も重要です。

body要素

ブラウザで表示する内容を記述する部分です。

基本ルール


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system