ブロックレベル要素

見出し、段落など文書を構成する為の基本要素です。ブロックレベル要素の中には、他のブロックレベル要素やインライン要素を置く事が出来ます。

インライン要素

ブロックレベル要素の内容を指し、指定した部位に様々な意味や機能を持たせます。インライン要素の中に他のインライン要素を置く事が出来ますがブロックレベル要素を置く事は出来ません。また、DOCTYPE宣言で、HTMLをStrictのDTDで記述すると宣言した場合はbody要素にインライン要素を直接記述することはできません。body要素にインライン要素を記述する場合、div要素などのブロックレベル要素の中に記述するようにします。

誤りの記述例)

<body>
<img src="sample.gif" width="200" height="100" alt="">
<br>
テキスト
</body>

画像を表示する為のimg要素はインライン要素なのでbodyタグに直接記述できません。また、改行のbr要素も同様です。


記述例)

<body>
<div>
<img src="sample.gif" width="200" height="100" alt="">
<br>
テキスト
</div>
</body>


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system