DOCTYPE宣言

DOCTYPE宣言とは、ページのHTMLバージョンや仕様をブラウザに伝えるためのものです。ページの一番上<html lang="ja">より上に記述します。

6通りのDOCTYPE宣言

Strict
HTML4.01のルールに最も厳密かつ正確に従う宣言です。非推奨の要素型は使えません。

システム識別子有り
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

システム識別子無し
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">

Transitional
Strictより緩やかな宣言、非推奨とされる要素を使う事ができます。

システム識別子有り
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

システム識別子無し
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

Frameset
Transitionalにフレーム定義を加えた宣言、フレームを定義する際に必ず使用します。

システム識別子有り
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

システム識別子無し
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN">

例)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system