font要素(非推奨)

font要素はsize属性、color属性、face属性と組み合わせてフォントのサイズ、色、種類を指定できます。

※代替指定
font要素はスタイルシートのfontプロパティで代替指定する事が推奨されています。


size属性(非推奨)

フォントサイズを1〜7の絶対値、またはデフォルトの絶対値(ユーザーエージェントの多くは3)に対して±の数値で相対的に指定します。

例)

<font size="4">テキストAAAaaa</font>
<br />
<font size="-1">テキストAAAaaa</font>

テキストAAAaaa
テキストAAAaaa

※代替指定
size属性はスタイルシートのfont-sizeプロパティで代替指定する事が推奨されています。

例)

<span style="font-size: 108%;">テキストAAAaaa</span>


color属性(非推奨)

テキストの色をRGB値、またはカラーネームで指定します。

例)

<font color="#ff0000">テキストAAAaaa</font>

テキストAAAaaa

※代替指定
color属性はスタイルシートのcolorプロパティで代替指定する事が推奨されています。

例)

<span style="color: red;">テキストAAAaaa</span>

face属性(非推奨)

フォントの種類(書体)を指定します。

例)

<font face="Arial,MS Pゴシック">テキストAAAaaa</font>

テキストAAAaaa

※代替指定
face属性はスタイルシートのfont-familyプロパティで代替指定する事が推奨されています。

例)

<span style="font-family: Arial,'MS Pゴシック',sans-serif;">テキストAAAaaa</span>


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system