フレームは1つのぺージに複数のウインドウを分割して表示します。また、W3C が勧告する仕様においてフレームは、HTML4.01ではフレーム設定型DTD(Frameset) で定義します。フレームを使用してWebページを作成するには、frameset要素を記述するHTMLファイル、分割するウインドウの数のHTMLファイルを作成します。

例)

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title></title>
</head>
<frameset cols="200,*" title="">
<frame name="aaa" src="aaa.htm" title="">
<frame name="bbb" src="bbb.htm" title="">
<noframes>
<body>
フレーム非対応環境への代替内容を記述します。
</body>
</noframes>
</frameset>
</html>

DOCTYPE宣言

フレーム設定用のDTDを記述します。

例)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN">


frameset要素

frameset要素は画面の分割(フレーム)を定義します。html要素にbody要素の代わりに記述し文字コードセットの関係からhead要素の下に記述します。

例)

<frameset cols="200,*" title=""></frameset>


cols属性

左右に分割を定義します。値は、画面左から右の順に単位(ピクセル)をつけない数値、またはウインドウのサイズに対するパーセンテージ( % )をカンマ( , )で区切り記述します。

また、値の"200,*"のアスタリスク( * )は、左側ウインドウは200ピクセルに対して右側ウインドウの残り全部という意味で解釈され記述を簡略する事ができます。

例)

<frameset cols="200,*" title=""></frameset>


rows属性

上下に分割を定義します。値は、画面上から下の順に単位(ピクセル)をつけない数値、またはウインドウのサイズに対するパーセンテージ( % )をカンマ( , )で区切り記述します。

また、値の"200,*"のアスタリスク( * )は、上側ウインドウは200ピクセルに対して下側ウインドウの残り全部という意味で解釈され記述を簡略する事ができます。

例)

<frameset rows="200,*" title=""></frameset>


frame要素

frameset要素でウインドウを分割してページを表示する各フレームを指定します。また、frame要素は内容を持たない空要素のためHTML4.01では終了タグがありません。

例)

<frame name="aaa" src="aaa.htm" title="">
<frame name="bbb" src="bbb.htm" title="">


name属性

フレームに名前を付けます。a要素, area要素, base要素, form要素, link要素の target属性でリンク先に特定のフレームを参照します。

例)

<frame name="aaa" src="aaa.htm" title="">
<frame name="bbb" src="bbb.htm" title="">


src属性

フレームに表示させるファイルのURIを指定します。

例)

<frame name="aaa" src="aaa.htm" title="">
<frame name="bbb" src="bbb.htm" title="">


title属性

音声出力環境でのブラウジングなどへの配慮から、frameset要素、frame要素共に、title属性で、ページの内容を簡単に指定する事が推奨されています。また、title属性に言語指定が必要な値を記述することがある可能性を考え、frameset要素より以前にmeta要素で文字コードを指定するのはそのためです。

例)

<frame name="aaa" src="aaa.htm" title="">
<frame name="bbb" src="bbb.htm" title="">


noframes要素

フレーム非対応環境用に表示させる内容を指定します。フレーム機能対応のブラウザでは、noframes要素の内容は無視されて表示されません。noframes要素は、body要素を包括する事ができますので、代替内容を記述する場合はbody要素内に内容を記述します。

例)

<noframes>
<body>
フレーム非対応環境への代替内容を記述します。
</body>
</noframes>

frameborder属性

frameborder属性は、フレームとフレームの境界線に関する指定をします。frameborder属性の指定が無い場合は、境界線が表示されます。

※frameset要素、frame要素どちらにも指定できます。frameset要素に指定した場合は文書全体に適用され、frame要素に指定した場合は指定したフレームのみに適用されます。

値)

例)

<frameset cols="200,*" title="" frameborder="0"></frameset>


border属性

フレームとフレームの間の境界線の太さをframeset要素に指定します。値は単位(ピクセル)をつけない数値。Windows版Internet Explorer独自機能。

例)

<frameset cols="200,*" title="" frameborder="0" border="0"></frameset>


bordercolor属性

フレームの境界線に色を指定します。値は、カラーネーム、またはRGB値で指定します。

※frameset要素、frame要素どちらにも指定できます。frameset要素に指定した場合は文書全体に適用され、frame要素に指定した場合は指定したフレームのみに適用されます。

例)

<frameset cols="200,*" title="" bordercolor="#ff0000"></frameset>


scrolling属性

各フレームの画面をスクロールする、しない、ウインドウサイズに応じてのスクロールバーの表示、非表示をframe要素に指定します。また、scrolling属性の指定が無い場合の初期値はautoです。

値)

例)

<frame name="aaa" src="aaa.htm" title="" scrolling="no">
<frame name="bbb" src="bbb.htm" title="" scrolling="yes">


noresize属性

noresize属性は閲覧者のフレームの表示サイズの変更を禁止をframe要素に指定します。

※各フレームのサイズはframeset要素のcols属性、rows属性で指定しますが、値は初期値なので通常は閲覧者が境界線をドラッグして自由にサイズ変更することできます。

例)

<frame name="aaa" src="aaa.htm" title="" noresize>
<frame name="bbb" src="bbb.htm" title="" noresize>


marginwidth属性とmarginheight属性

フレーム内に表示するページの余白をframe要素に指定します。marginwidth属性はフレーム内の左右の余白、marginheight属性はフレーム内の上下の余白を指定します。値は単位(ピクセル)をつけない数値。

例)

<frame name="aaa" src="aaa.htm" title="" marginwidth="20" marginheight="20">
<frame name="bbb" src="bbb.htm" title="" marginwidth="20" marginheight="20">


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system