isn要素

ins要素は、ドキュメントへ追加したコンテンツを表します。


例)テキストの「オレガノ」が追加されたコンテンツであることを表しています。

<p>カモミール、タイム、バジル、<ins>オレガノ</ins></p>

表示)

カモミール、タイム、バジル、オレガノ


cite属性

追加されたコンテンツを説明するドキュメントのアドレスを指定するためにcite属性を使用することができます。また、例えば会議の議事録など、URLを指定するドキュメントが長い場合は、追加されたコンテンツについて説明しているドキュメントの特定の部分を指し示すフラグメント識別子(この場合、id属性で指定している名前)を含めるとなお良いと思います。


例)とある花壇に種をまく予定のハーブのリストです。この例では最後の項目のオレガノが追加されたことを表すとともに、cite属性の値により、ハーブの簡単な説明のページのオレガノについて説明のある位置へのURL情報を持っていることを表します。

<h2>花壇A(ハーブ)</h2>
<ul>
<li>カモミール</li>
<li>タイム</li>
<li>バジル</li>
<li><ins cite="example_ins_a.html#oregano">オレガノ</ins></li>
</ul>

表示)

花壇A(ハーブ)

上記のHTMLドキュメント


datetime属性

コンテンツが追加された日付と時刻を指定するためにdatetime属性を指定することができます。datetime属性の書式はこちらです。


例)とある花壇に種をまく予定のハーブのリストです。この例では最後の項目のオレガノが追加されたことを表すとともに、datetime属性の値により、項目が追加された年月日の情報を持っていることを表しています。

<h2>花壇A(ハーブ)</h2>
<ul>
<li>カモミール</li>
<li>タイム</li>
<li>バジル</li>
<li><ins datetime="2015-03-12">オレガノ</ins></li>
</ul>

表示)

花壇A(ハーブ)

上記のHTMLドキュメント

カテゴリ
フロー・コンテンツフレージング・コンテンツパルパブル・コンテンツ
要素を使用することができる場所
フレージング・コンテンツが使用できる場所。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
トランスペアレント
コンテンツ属性
グローバル属性cite属性datetime属性