map要素

map要素は、img要素および任意のarea要素の子孫と連動して、イメージマップを定義します。


name属性

name属性は、マップを参照する名前を指定します。name属性の値は同じドキュメントに同じ名前(大文字・小文字は区別せずに)を持つことはできません。また、id属性を持つ場合は同じ名前をつける必要があります。


usemap属性

usemap属性は、img要素やobject要素に、map要素の形式のイメージマップを関連付けることができます。値は#に続き、任意の文字列(map要素のneme属性の値と同じ文字列)です。


例)

<object data="image_map.jpg" type="image/jpeg" usemap="#shapes" width="500" height="200">
<map name="shapes">
<area shape=circle coords="100,100,50" href="blue.html" alt="青い円形" target="_blank">
<area shape=rect coords="200,50,300,150" href="red.html" alt="赤い四角形." target="_blank">
<area shape="poly" coords="400,50,450,88,432,150,367,150,350,88" href="green.html" alt="緑の五角形" target="_blank">
</map>
</object>

表示)

青い円形赤い四角形.緑の五角形

上記のHTMLドキュメント

カテゴリ
フロー・コンテンツフレージング・コンテンツパルパブル・コンテンツ
要素を使用することができる場所
フレージング・コンテンツが使用できる場所。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
トランスペアレント
コンテンツ属性
グローバル属性name属性(- usemap属性)。