source要素

source要素は、audio要素、またはvideo要素に複数の代替メディア・リソースを指定できます。なお、この要素は、自分自身で何かを表すものではありません。


src属性

src属性は、表示するメディアリソース(ビデオ、オーディオ)のアドレスを指定します。


type属性

type属性は、リソースのMIMEタイプを指定します。

MIMEタイプ(拡張子)

application/x-shockwave-flash(swf)、audio/wav(wav)、video/quicktime(mov)、video/x-msvideo(avi)、video/mpeg(mpg)、video/mp4(mp4)など。


audio要素、またはvideo要素サポートされているメディアフォーマットについて。

audio要素、またはvideo要素は、プラグインを必要としないオーディオやビデオの再生サポートを提供します。

しかしながら、主に特許の問題によりブラウザのaudio要素、またはvideo要素の実装において、それぞれのブラウザで同一のメディア形式をサポートするのは難しい状況のようです。

そのため、主要なブラウザの最新バージョンでaudio要素、またはvideo要素を使うには、以下の例のように、異なる形式のオーディオファイルを用意し、source要素で指定します。


例a)WebM形式と、MP4形式のふたつのビデオファイルを指定しています。

<video controls>
<source src="sample.webm" type="video/webm">
<source src="sample.mp4" type="video/mp4">
<a href="http://example.com/sample.mp4">動画へのリンクです。</a>
</video>

例b)WAVE形式、MP3形式、Ogg,Vorbis形式のオーディオファイルを指定しています。

<video controls>
<source src="sample.wav" type="audio/wav">
<source src="sample.mp3" type="audio/mp3">
<source src="sample.ogg" type="audio/ogg">
<a href="http://example.com/sample.mp3">オーディオファイルへのリンクです。</a>
</video>

参考、詳細:Mozilla Developer Network HTML5のaudio要素とvideo要素でサポートされているメディアフォーマット


カテゴリ
-
要素を使用することができる場所
audio要素、またはvideo要素の子、(任意のフロー・コンテンツまたはtrack要素の前)
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
コンテンツ属性
グローバル属性src属性type属性