track要素

track要素は、audio要素、またはvideo要素に対してテキスト・トラックを指定できます。なお、この要素は、自分自身で何かを表すものではありません。


kind属性

kind属性は、テキスト・トラックの種類を指定します。値は以下のキーワードです。


キーワード


src属性(必須属性)

src属性は、テキスト・トラック・データのアドレスを指定します。track要素が存在する場合の必須となる属性です。テキスト・トラック・データはWebVTTフォーマットで記述します。

WebVTTについては、W3C WebVTT(仕様書/英語)をご参照下さい。あるいは、Mozilla Developer Network WebVTTの解説が分かりやすいカモ。


srclang属性

srclang属性は、テキスト・トラック・データの言語を指定します。値は、ja、enなどBCP47言語タグを指定します。track要素のkind属性がsubtitlesである場合は、この属性は存在しなければなりません。


label属性

label属性は、track要素のラベルを指定します。このラベルは、kind属性が、subtitlescaptions、およびaudio descriptionの状態のtrack要素を複数表示する際に、ユーザー・エージェントのtrack要素の内容の切り替えタブなどに使用されます。

なお、label属性の値には、空の文字列を指定することはできません。

また、同じaudio要素、またはvideo要素のコンテンツの2つ以上のtrack要素が、同じ状態にあるkind属性、つまり、同じ種類のテキスト・トラックである場合で、srclang属性の指定が無い場合(同じ言語)、あるいは、同じ言語を指定している場合、および、label属性の指定が無い場合(同じタイトル)、あるいは、同じタイトルを指定している場合は、同じaudio要素、またはvideo要素のコンテンツとすることはできません。


例)×

<track src="" kind="subtitles" srclang="ja" label="日本語A">
<track src="" kind="subtitles" srclang="ja" label="日本語A">

例)○

<track src="" kind="subtitles" srclang="ja" label="日本語A">
<track src="" kind="subtitles" srclang="ja" label="日本語B">

例)○

<track src="" kind="subtitles" srclang="ja" label="日本語">
<track src="" kind="subtitles" srclang="en" label="English">

default属性

default属性は、ユーザが好みや、別のトラックがより適切であることを示していない場合に、デフォルトで有効にするトラックに指定するブーリアン属性です。

audio要素、またはvideo要素は、kind属性が、metadataの状態以外は複数のdefault属性を持つtrack要素をコンテンツとすることはできません。なお、kind属性が、metadataの状態の場合のdefault属性が指定されるtrack要素の数に制限はありません。


例)

<video src="sample.mp4" width="320" height="180" controls>
<track src="sample.vtt" kind="subtitles" srclang="ja" label="日本語" default>
<track src="sample_en.vtt" kind="subtitles" srclang="en" label="English">
<a href="http://example.com/sample.mp4">動画へのリンクです。</a>
</video>
カテゴリ
-
要素を使用することができる場所
video要素audio要素の子、(任意のフロー・コンテンツの前)
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
コンテンツ属性
グローバル属性kind属性src属性srclang属性label属性default属性