dl要素

dl要素は、名前と値のグループで構成される記述リスト(Description List)を表し、名前はdt要素、値はdd要素で表します。このグループは、1つ以上の名前(dt要素)に続き1つ以上の値(dd要素)で構成されなければなりません。

dt要素dd要素のグループは、用語とその定義、メタデータ(最終更新日時や作成者など)のトピックとその値、質問と回答など、名前と値のデータのグループを表します。

例1)

<body>
<h1>店舗リスト</h1>
<dl>
<dt>A店</dt>
<dd>○○県○○市○○町</dd>
<dt>B店</dt>
<dd>○○県○○市○○町</dd>
<dd>※S社化粧品取扱店</dd>
<dt>C店</dt>
<dd>○○県○○市○○町</dd>
</dl>
</body>

上記のHTMLドキュメント


なお、1つのdl要素で、同じ名前で複数のdt要素が存在すべきではないとされています。

例2)×

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明1</dd>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明2</dd>
</dl>

例2のAの説明1、2は、いずれもAについて説明しているので正しくは以下のようになります。

例2)○

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明1</dd>
<dd>Aの説明2</dd>
</dl>

グループ内の名前(dt要素)と値(dd要素)のリストの順序は厳密であるべきとされ、以下の例1~例4は誤った記述になります。

例1)×

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明</dd>
<dt>B</dt>
<dt>C</dt>
<dd>Cの説明</dd>
</dl>

dl要素に、1つ以上のdt要素があり、dd要素を持たない場合は、それは名前はあるが値がないグループで構成されていると解釈されます。例1では、BはBの説明を持たないとグループだと解釈されます。

例2)×

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明</dd>
<dd>Bの説明</dd>
<dt>C</dt>
<dd>Cの説明</dd>
</dl>

dl要素に、1つ以上のdd要素があり、dt要素を持たない場合は、それは値に対する名前がないグループで構成されていると解釈されます。例2では、Bの説明に対する名前がないグループと解釈されます。

例3)×

<dl>
<dd>Aの説明</dd>
<dt>B</dt>
<dd>Bの説明</dd>
<dt>C</dt>
<dd>Cの説明</dd>
</dl>

dl要素の最初の要素がdd要素である場合、最初のグループには関連付けられた名前を持っていないと解釈されます。例3では、Aの説明に対する名前がないとグループと解釈されます。

例4)×

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明</dd>
<dt>B</dt>
<dd>Bの説明</dd>
<dt>C</dt>
</dl>

dl要素の最後の要素がdt要素である場合、最後のグループには関連付けられた値を持っていないと解釈されます。例4では、CはCの説明がないグループと解釈されます。


以下、仕様書に掲載のあった例です。

例1)Authorsには、JohnとLukeの2つの値にリンクされています。

<dl>
<dt>Authors</dt>
<dd>John</dd>
<dd>Luke</dd>
<dt>Editor</dt>
<dd>Frank</dd>
</dl>

例2)1つの定義が2つの用語にリンクされています。定義されている単語を指し示すために dfn要素を使っています。

<dl>
<dt lang="en-US"><dfn>color</dfn></dt>
<dt lang="en-GB"><dfn>colour</dfn></dt>
<dd> A sensation which (in humans) derives from the ability of the fine structure of the eye to distinguish three differently filtered analyses of a view. </dd>
</dl>

例3)ある種のメタデータのマークアップにdl要素を使っています。最後の1つのグループは、2つのメタデータのラベル(AuthorsとEditors)と2つの値(Robert RothmanとDaniel Jackson)を持ちます。

<dl>
<dt>Last modified time</dt>
<dd>2004-12-23T23:33Z</dd>
<dt>Recommended update interval</dt>
<dd>60s</dd>
<dt>Authors</dt>
<dt>Editors</dt>
<dd>Robert Rothman</dd>
<dd>Daniel Jackson</dd>
</dl>

例4)dl要素が用語集として使われています。定義されている単語を指し示すために dfn要素を使っています。

<dl>
<dt><dfn>Apartment</dfn>, n.</dt>
<dd>An execution context grouping one or more threads with one or more COM objects.</dd>
<dt><dfn>Flat</dfn>, n.</dt>
<dd>A deflated tire.</dd>
<dt><dfn>Home</dfn>, n.</dt>
<dd>The user's login directory.</dd>
</dl>
カテゴリ
フロー・コンテンツパルパブル・コンテンツ(要素の子が少なくとも1つの名前と値を含む場合)。
要素を使用することができる場所
フロー・コンテンツが使用できる場所。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
1つ以上のdt要素に続く1つ以上のdd要素、必要に応じてスクリプトサポート要素を含む0以上のグループ。
コンテンツ属性
グローバル属性

この要素の変更点。
会話文に用いるべきではないと仕様書に明記されました。
この要素で廃止された属性
compact属性。