dt要素

dt要素は記述リスト(Description List)を表すdl要素の名前と値(dd要素)のグループの名前を表します。このグループは、1つ以上の名前(dt要素)に続き1つ以上の値(dd要素)で構成されなければなりません。

dt要素とdd要素のグループは、用語とその定義、メタデータ(最終更新日時や作成者など)のトピックとその値、質問と回答など、名前と値のデータのグループを表します。

例1)

<body>
<h1>店舗リスト</h1>
<dl>
<dt>A店</dt>
<dd>○○県○○市○○町</dd>
<dt>B店</dt>
<dd>○○県○○市○○町</dd>
<dd>※S社化粧品取扱店</dd>
<dt>C店</dt>
<dd>○○県○○市○○町</dd>
</dl>
</body>

上記のHTMLドキュメント


なお、1つのdl要素で、同じ名前で複数のdt要素が存在すべきではないとされています。

例2)×

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明1</dd>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明2</dd>
</dl>

例2のAの説明1、2は、いずれもAについて説明しているので正しくは以下のようになります。

例2)○

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明1</dd>
<dd>Aの説明2</dd>
</dl>

グループ内の名前(dt要素)と値(dd要素)のリストの順序は厳密であるべきとされ、以下の例1~例4は誤った記述になります。

例1)×

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明</dd>
<dt>B</dt>
<dt>C</dt>
<dd>Cの説明</dd>
</dl>

dl要素に、1つ以上のdt要素があり、dd要素を持たない場合は、それは名前はあるが値がないグループで構成されていると解釈されます。例1では、BはBの説明を持たないとグループだと解釈されます。

例2)×

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明</dd>
<dd>Bの説明</dd>
<dt>C</dt>
<dd>Cの説明</dd>
</dl>

dl要素に、1つ以上のdd要素があり、dt要素を持たない場合は、それは値に対する名前がないグループで構成されていると解釈されます。例2では、Bの説明に対する名前がないグループと解釈されます。

例3)×

<dl>
<dd>Aの説明</dd>
<dt>B</dt>
<dd>Bの説明</dd>
<dt>C</dt>
<dd>Cの説明</dd>
</dl>

dl要素の最初の要素がdd要素である場合、最初のグループには関連付けられた名前を持っていないと解釈されます。例3では、Aの説明に対する名前がないとグループと解釈されます。

例4)×

<dl>
<dt>A</dt>
<dd>Aの説明</dd>
<dt>B</dt>
<dd>Bの説明</dd>
<dt>C</dt>
</dl>

dl要素の最後の要素がdt要素である場合、最後のグループには関連付けられた値を持っていないと解釈されます。例4では、CはCの説明がないグループと解釈されます。


以下、仕様書に掲載のあった例です。

例1)よくある質問のリスト(FAQ)を表しています。dt要素で質問、dd要素で回答をマークアップしています。

<article>
<h1>FAQ</h1>
<dl>
<dt>What do we want?</dt>
<dd>Our data.</dd>
<dt>When do we want it?</dt>
<dd>Now.</dd>
<dt>Where is it?</dt>
<dd>We are not sure.</dd>
</dl>
</article>
カテゴリ
-
要素を使用することができる場所
dl要素の内容でdd要素またはdt要素の前。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
フロー・コンテンツheader要素footer要素セクショニング・コンテンツまたはヘッディング・コンテンツの子孫を除く)
コンテンツ属性
グローバル属性