figcaption要素

figcaption要素は、必要に応じて、親要素であるfigure要素のコンテンツのキャプションまたは凡例を表します。キャプションはfigure要素のコンテンツの先頭または末尾にどちらか1つ指定できます。


以下の例では、figure要素をサムネイルのページ(例b)から参照する元のサイズの写真ファイルが掲載されているページのマークアップに使用しています。

例a)

<body>
<figure>
<h1>Sample Images</h1>
<img src="img_example.jpg" alt="900px×600px" width="900" height="600">
<p>Previous <a href="example_figure_b.html">HOME</a> Next</p>
<figcaption>2013.12.08</figcaption>
</figure>
</body>

上記のHTMLドキュメント

年月日を一連のページのキャプションとし、写真の末尾に配置しています。


例b)900×600(px)の写真が掲載されているページへのリンクがあるページ。

<body>
<h1>Sample Images</h1>
<a href="xxxxx.html"><img src="img_example.jpg" alt="" width="200" height="133"></a>
<a href="xxxxx.html"><img src="sample_images.jpg" alt="" width="200" height="133"></a>
...more...
</body>

上記のHTMLドキュメント(左のサムネイルに例aのHTMLファイルへのリンクが指定してあります。)

カテゴリ
-
要素を使用することができる場所
figure要素のコンテンツの先頭または末尾。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
フロー・コンテンツ
コンテンツ属性
グローバル属性