li要素

li要素は、ol要素ul要素のリストの項目を表します。親要素がol要素の場合、li要素は序数値を持ちます。

<body>
<h1>料理のさしすせそ</h1>
<p>料理(特に和食)の味付けの基本になる5つの調味料を使うときの順序を覚えるための語呂合わせとして、「さ・し・す・せ・そ」の語を用いる。</p>
<ol>
<li>砂糖</li>
<li>塩</li>
<li>酢</li>
<li>醤油</li>
<li>味噌</li>
</ol>
</body>

上記のHTMLドキュメント


value属性

value属性は、li要素に序数値指定します。値は任意の整数です。

例)

<ol>
<li value="5">DDD</li>
<li value="3">CCC</li>
<li value="3">CCC</li>
<li value="2">BBB</li>
<li value="1">AAA</li>
</ol>

なお、単純に昇順、降順を入れ替えるだけであるならば、reversed属性でも可能ですが、reversed属性に対応するユーザー・エージェントは現時点ではあまり多くないので、value属性を使うほうが良いカモ。

カテゴリ
-
要素を使用することができる場所
olul要素の内側。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
フロー・コンテンツ
コンテンツ属性
グローバル属性value属性ol要素の子の場合)