ol要素

ol要素は、順序を変更すると、ドキュメントの意味が変わってしまうような項目を意図的に順序を付けた項目のリストを表す。項目はli要素で表します。

<body>
<h1>料理のさしすせそ</h1>
<p>料理(特に和食)の味付けの基本になる5つの調味料を使うときの順序を覚えるための語呂合わせとして、「さ・し・す・せ・そ」の語を用いる。</p>
<ol>
<li>砂糖</li>
<li>塩</li>
<li>酢</li>
<li>醤油</li>
<li>味噌</li>
</ol>
</body>

上記のHTMLドキュメント


reversed属性

reversed属性は、この属性が存在する場合は降順リストであることを示します(..., 3, 2, 1)。値はreversedです。また、reversed属性が省略される場合のリストは昇順リストを示します(1, 2, 3, ...)。

例)

<ol reversed="reversed">
<li>AAA</li>
<li>BBB</li>
<li>CCC</li>
</ol>

start属性

start属性は親要素がol要素である場合に、項目に序数値を指定します。値は任意の整数です。

例)

<ol">
<li>AAA</li>
<li>BBB</li>
<li>CCC</li>
</ol>

<ol start="5">
<li>EEE</li>
<li>FFF</li>
<li>GGG</li>
<li>HHH</li>
</ol>

type属性

type属性は項目で使用するマーカーの種類を指定します。値は1、a、A、i、Iのキーワードです。type属性の指定が無い場合の状態はdecimalです。


例)

<ol>
<li>AAA</li>
<li>BBB</li>
<li>CCC</li>
</ol>

<ol type="a">
<li>EEE</li>
<li>FFF</li>
<li>GGG</li>
</ol>

<ol type="I">
<li>EEE</li>
<li>FFF</li>
<li>GGG</li>
</ol>
カテゴリ
フロー・コンテンツパルパブル・コンテンツ(要素の子が少なくとも1つのli要素を含む場合)。
要素を使用することができる場所
フロー・コンテンツが使用できる場所。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
0以上のli要素およびスクリプトサポート要素
コンテンツ属性
グローバル属性reversedstarttype属性。

この要素に追加された属性
reversed属性
この要素で廃止された属性
compact属性。