p要素

p要素は段落を表します。通常、段落は前後に空白行が挿入されます。

例1)

<body>
<header>
<h1>ドキュメントタイトル</h1>
<p><a href="xxxxx.html">News</a> -<a href="xxxxx.html">Blog</a> -<a href="purpose/xxxxx.html">Forums</a></p>
<p>Last Modified:20XX-XX-XX</span></p>
<nav>
<h2>Navigation</h2>
<ul>
<li><a href="xxxxx.html">AAA</a></li>
<li><a href="xxxxx.html">BBB</a></li>
<li><a href="xxxxx.html">CCC</a></li>
</ul>
</nav>
</header>

<main>
<article>
<section>
<h2>見出し</h2>
<p>段落1</p>
<p>段落2</p>
<p>段落3</p>
</section>

<section>
<h2>見出し</h2>
<p>段落a</p>
<p>段落b</p>
<p>段落c</p>
</section>
</article>
</main>

<footer>
<p>Copyright c 2014 The Example Company</p>
<p>Author:aaa@example.com</p>
</footer>
</body>

上記のHTMLドキュメント


例)△

<footer>
<p>Copyright c 2014 The Example Company</p>
<p>Author:aaa@example.com</p>
</footer>

なお、上記の例は文法的には間違いではありませんが、p要素よりも適切な要素がある場合は以下の例のようにマークアップすることが推奨されています。

例)○

<footer>
<p>Copyright c 2014 The Example Company</p>
<address>Author:aaa@example.com</address>
</footer>

例)○

<footer>Copyright c 2014 The Example Company</footer>
<address>Author:aaa@example.com</address>
カテゴリ
フロー・コンテンツパルパブル・コンテンツ
要素を使用することができる場所
フロー・コンテンツが使用できる場所。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
フレージング・コンテンツ
コンテンツ属性
グローバル属性

この要素で廃止された属性
align属性は、CSSでより良い処理ができるため廃止されました。