table要素

table要素は、表の形式でデータを表します。tr要素は行を、td要素th要素は列を表しそれらはセルを形成します。また、行と列は、グリッドを形成し、表のセルは重複することなく、グリッドをカバーしなければなりません。

なお、これらの要素は、レイアウトの補助として使用されるべきではないとされます。


例)

<table>
<tr><th>A</th><th>D</th></tr>
<tr><td>2003</td><td>2112</td></tr>
</table>

表示)

AD
20032112

表、行、列のイメージ。

表、列、行 イメージ table要素


border属性

border属性は、table要素レイアウト目的で使用されていないことを明示的に示すためにtable要素に指定することができます。border属性の値は空の文字列(border="")または「1」のいずれかです。


例)

<table border="1">
<tr><th>A</th><th>D</th></tr>
<tr><td>2003</td><td>2112</td></tr>
</table>

表示)

AD
20032112
カテゴリ
フロー・コンテンツパルパブル・コンテンツ
要素を使用することができる場所
フロー・コンテンツが使用できる場所。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
caption要素(任意)、0個以上のcolgroup要素thead要素(任意)、tfoot要素(任意)、0個以上のtbody要素または1個以上のtr要素のいずれか、tfoot要素(任意)の順番で記述します。
なお、1つのtable要素に存在できるtfoot要素は1つのみです。上記は、tbody要素の前にも配置することが可能であることを表しています。また、最後に1つ以上のscript-supporting要素を必要に応じて挿入できます。
コンテンツ属性
グローバル属性border属性、sortable属性(表に対してソートインターフェースを有効にします。)

この要素で変更があった属性
border属性