data要素

data要素は、マークアップしたコンテンツに対して、機械やコンピュータが直接読み取って利用できる形式(マシン・リーダブル形式)のデータを、value属性の値として提供します。

value属性の値は、マシン・リーダブル形式のデータを指定します。それはdata要素のコンテンツを表す必要があります。


例a)漢数字に数字を補足しています。

<p><data value="19,800yen">壱萬九千八百円</data></p>

例b)商品名に共通商品コード(JANコード)を補足しています。

本日発売!<p><data value="JAN:4912345678904">まるっと桃のケーキ</data></p>

※JANコードは架空のものです。


マイクロフォーマットまたはマイクロデータと組み合わせることにより、data要素は、マシン・リーダブル形式の値、およびウェブブラウザで人が読む(見る)ためのフォーマット(ヒューマン・リーダブル形式)のデータ値の両方を提供する役割を果たします。この場合、value属性で使用されるフォーマットは、使用中のマイクロフォーマットまたはマイクロデータの語彙によって決まります。

なお、値が日付または時刻に関連する場合は、time要素を使用することが推奨されています。

カテゴリ
フロー・コンテンツフレージング・コンテンツパルパブル・コンテンツ
要素を使用することができる場所
フレージング・コンテンツが使用できる場所。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
フレージング・コンテンツ
コンテンツ属性
グローバル属性value属性(必須属性)