mark要素

mark要素は、ハイライトを表します。例えば、引用文で、参照元の著者は重要だと考えていなかったかもしれない、テキストの一部にユーザーの関心を集めるためにマークアップしたり、また、ドキュメントでは、ユーザーの現在のアクティビティに関連性が高いコンテンツをマークアップします。


例a)年月日の話題(例えば、2008年に発売されたデジタル一眼レフカメラについての話題)に関しての引き合いに引用文をコンテンツとした場合の引用コンテンツにマークアップした例です。

<body>
<header>
<h1>2008年発売のデジタル一眼レフカメラ</h1>
</header>
<main>
<blockquote>
<p><strong>キヤノン EOS 5D Mark II</strong>は、キヤノンが<mark>2008年11月29日</mark>に発表したデジタル一眼レフカメラ。~</p>
<p>2005年に発売された同社製デジタル一眼レフカメラ、EOS 5Dの後継機にあたる機種で、新開発の約2110万画素の35mmフルサイズセンサーと新型映像エンジンであるDIGIC 4の搭載~</p>
<footer>
<cite><a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B3_EOS_5D_Mark_II">Wikipedia キヤノン EOS 5D Mark II</a></cite>
</footer>
</blockquote>
<main>
</body>

上記のHTMLドキュメント


例b)現在表示しているページをハイライトしています。

<p><a href="page_a.html">ページ A</a>|<a href="page_b.html"><mark>ページ B</mark></a>|<a href="page_c.html">ページ C</a></p>

表示)

ページ Aページ Bページ C

カテゴリ
フロー・コンテンツフレージング・コンテンツパルパブル・コンテンツ
要素を使用することができる場所
フレージング・コンテンツが使用できる場所。
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
フレージング・コンテンツ
コンテンツ属性
グローバル属性