rp要素

rp要素は、ruby要素の子要素として、または、ruby要素の子要素にrtc要素がある場合のその子要素として、ルビテキスト、またはそのコンポーネント(グループ)を囲う括弧を表します。なお、このマークアップはruby要素に対応していないユーザー・エージェントのためのものであり、対応しているユーザー・エージェントには表示されません。

例)

<ruby>今日<rp>(</rp><rt>きょう</rt><rp>)</rp></ruby>
<br>
<ruby>日本<rp>(</rp><rt>にっぽん</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby>昨今<rp>(</rp><rt>さっこん</rt><rp>)</rp></ruby>

表示)Firefox 33.1.1の場合

今日(きょう)
日本(にっぽん)昨今(さっこん)
カテゴリ
-
要素を使用することができる場所
ruby要素の子として、rt要素またはrtc要素のいずれかの直前、直後(rt要素の間を除く)
コンテンツ モデル(内容に含めることのできる要素)
フレージング・コンテンツ
コンテンツ属性
グローバル属性