インライン要素

インライン要素とは、強調などのようにテキストに論理的な意味を持たせたり装飾を行う要素です。行の内での指定なので前後に改行は入りません。また、要素内にはインライン要素やテキストを記述できますが、ブロック要素を記述する事はできません。


[ A〜B ] [ C〜D ] [ E〜I ] [ K〜Q ] [ R ] [ S ] [ T-V ]

インライン要素一覧 A〜B

abbr要素と acronym要素

両要素ともに、要素内に記述されたテキストにマウスオーバーすると、ポップアップでtitle属性に記述された値(正式名称)が表示されたり、音声読み上げ環境でブラウジングをしている方へ要素内に記述されたテキストをサイト製作者の意図通りに略語を読み上げる為に指定する要素。但し、ポップアップもブラウザによって対応、未対応があり、また、音声読み上げソフトの対応もどちらの要素を読み込むか統一されていないのが現状です。

音声読み上げ環境での違い

インライン要素一覧 C〜D

インライン要素一覧 E〜I

インライン要素一覧 K〜Q

インライン要素一覧 R

基本例)

<ruby>
<rb>愛知県</rb>
<rp>(</rp>
<rt>あいちけん</rt>
<rp>)</rp>
</ruby>

複雑なルビ例)

<ruby>
<rbc>
<rb>愛知県</rb>
</rbc>
<rtc>
<rt>あいちけん</rt>
</rtc>
<rtc>
<rt>Aichiken</rt>
</rtc>
</ruby>

インライン要素一覧 S

インライン要素一覧 T〜V


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system