cursorプロパティ

要素の表示領域内にマウスカーソルを乗せたときのカーソルの形状を指定します。

値)

例)

cursor: crosshair;

a要素に指定)

こちらにマウスカーソルを合わせて下さい。

※cursor: url(example.cur),pointer;のように、curファイルやaniファイル(カーソル用画像ファイル)を指定した場合は、カンマ( , )で区切り代替値を指定できます。


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system