width属性 / height属性

width属性は表の幅、height属性は高さを指定します。

table要素に指定すると表全体のサイズを指定し、td要素に指定するとセルのサイズを指定できます。また、セルに指定した場合はwidth属性は同じ列に、height属性は同じ行に指定したサイズが適用されます。値は単位(ピクセル)をつけない数値、または表示域の横幅、縦幅に対する パーセンテージ値( % )で指定します。

全体の幅、高さの指定例)

<table width="300" height="80">
<tr><td>1972</td><td>1973</td></tr>
</table>

table要素,width属性,height属性

※table要素にborder: 1px solid #c0c0c0;を指定。

列の幅の指定例)

<table width="300">
<tr><td width="100">1972</td><td>1973</td></tr>
<tr><td>1974</td><td>1975</td></tr>
<tr><td>1976</td><td>1977</td></tr>
</table>

table要素,width属性,height属性

※td要素にborder: 1px solid #c0c0c0;を指定。

行の高さの指定例)

<table width="300">
<tr><td width="100" height="80">1972</td><td>1973</td></tr>
<tr><td>1974</td><td>1975</td></tr>
<tr><td>1976</td><td>1977</td></tr>
</table>

table要素,width属性,height属性

※td要素にborder: 1px solid #c0c0c0;を指定。

※代替指定
width属性はwidthプロパティで代替指定する事が推奨されています。
height属性はheightプロパティで代替指定できます。

例)

width: 300px;
height: 80px;


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system