meta要素は<head>〜</head>に記述される要素で文書で使用される言語や文字コードの指定、ホームページに関するキーワードや説明文などを埋め込みます。

文字コード

文書の文字コード(キャラクタセット)を宣言します。これを指定することで文字化けの発生を抑えることができますので、日本語を用いる場合は指定した方が良いでしょう。

例)

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />


クロールとインデックス登録を行う検索エンジンの動作の制御

検索ロボットへの指示を書きます。INDEXは検索を許可、NOINDEXは検索を禁止、FOLLOWはリンク先をたぐることを許可、NOFOLLOWはリンク先参照を禁止します。

例)

<meta name="robots" content="INDEX,FOLLOW" />


キーワード

ページに関連するキーワードを指定します。検索ロボットの中にはこのキーワードを解釈してくれるものがあります。また、キーワードは、カンマ( , )で区切ります。

例)

<meta name="Keywords" content="キーワード" />


説明

ページに関連する説明文を指定します。検索ロボットの中にはこの説明文を解釈してくれるものがあります。

例)

<meta name="Description" content="説明文" />

文書の著者情報

文書の著者情報を明記できます。ブラウザの画面には表示されません。

例)

<meta name="Author" content="著者情報等" />


文書の著作権情報

文書の著作権情報を明記できます。© or (c)、著作権者名、発行年-更新年の3項目を並べて記述します。

著者情報記述例)

Copyright © いまさらHTML,CSS入門講座 2002-2011 All Rights Reserved.
Copyright (c) 2002-2011 じょーく All Rights Reserved.
© いまさらHTML,CSS入門講座 2002-2011
(c) じょーく 2011

※©は&copy;

例)

<meta name="copyright" content="Copyright © 2010-2011 じょーく All Rights Reserved." />


スタイルシート言語とスクリプト言語

スタイルシートやスクリプトをページで使用する場合は、meta要素でデフォルトのスタイルシート言語とスクリプト言語をMIMEタイプで指定します。

ページにスタイルシート(CSS)を記述する場合

例)

<meta http-equiv="content-style-type" content="text/css" />

ページにJavaScriptを記述する場合

例)

<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript" />


ページトップへ戻る



RAWで撮ろうLife with a cameraLife with a camera 2


inserted by FC2 system